マニフェストシステムとは

排出事業者は産業廃棄物の処理を委託する際、以下の項目を 「産業廃棄物管理票(マニフェスト)」 に記載します。

  • 産業廃棄物の種類
  • 数量
  • 形状
  • 荷姿
  • 収集運搬業者名
  • 処分業者名
  • 最終処分の場所
  • 取扱上の注意事項 等

これによって、産業廃棄物の流れを自ら把握・管理して、最後まで処理されたことをチェックでき、また取扱上の注意事項を処理業者に確実に伝えることができます。

電子マニフェストシステム

事務処理の効率化を図ることが出来るとともに法令遵守、データの透明性を徹底することが出来ます。
電子マニフェストシステムの利用には、下記のメリットがあります。

電子マニフェスト

→ 電子マニフェストについては「JWNET」をご覧下さい。

マニフェストの流れ

マニフェストの流れ
1.排出時

【排出業者】

7枚複写の伝票に必要事項を記入し、廃棄物とともに7枚全部を収集運搬業者に渡す。

【収集運搬業者】

廃棄物を受領した際、7枚全部の「運搬担当者(1)」欄にサイン又は押印し、A票を排出事業者に返す。

2.引渡し時

【収集運搬業者】

廃棄物の運搬を終了した際、Aを除く6枚全部の「運搬担当者(1)」欄に運搬終了日を記入し、中間処理業者に廃棄物とともに渡す。

【中間処理業者】

Aを除く6枚全部の「処分担当者(受領)」欄に受領日の記入及びサイン又は押印し、B1・B2票を収集運搬業者に返す。

【収集運搬業者】

B1票を自らの控えとして保管するとともに、運搬終了後10日以内に、B2票を排出事業者に返送する。

3.処分終了時

【中間処理業者】

処分終了後C1・C2・D・E票の「処分担当者(処分)」欄に処分終了日の記入及び処分した者のサイン又は終了印を押印し、C1票を自らの控えとして保管するとともに処分終了後10日以内に、C2票を収集運搬業者に、D票を排出事業者に返送する。

4.最終処分終了確認

【中間処理業者】

委託したすべての廃棄物の最終処分(再生を含む)が終了した報告を受けた時は、E票の最終処分を行った場所の所在地/名称、最終処分の終了日を記入し、その確認者のサイン又は押印をする。
また、二次マニフェストのE票受領から10日以内にE票を排出事業者に返送する。

記入方法

記入方法
項 番 項 目 説 明
交付年月日 排出事業者が伝票を交付した日付を記入する。
交付番号(記入済み) シリアル番号
交付担当者 交付担当者の所属、氏名を記入する。
排出事業者 排出を請け負う業者の郵便番号、住所、氏名または名称電話番号を記入する。
作業所 現場の郵便番号、所在地、名称、電話番号を記入する。
産業廃棄物の
種類・形状・荷姿
該当する項目に印をつけ、数量を記入する。
該当する項目が無い時は空欄に品名及び数量を記入する。
収集運搬業者 運搬を行う業者の郵便番号、住所、氏名又は名称、電話番号を記入する。
積替え・保管の有無、使用する車両の登録番号(ナンバー)を記入する。
(2)欄は、収集運搬業者が2社の場合のみ使用する。
処分業者 中間処理・最終処分を行う業者の郵便番号、住所、氏名又は名称、電話番号を記入する。
積替え・保管を行う場合は、積替え又は保管欄に郵便番号、所在地電話番号を記入する。
処分業者の処理施設 郵便番号、所在地、電話番号を記入する。
該当する処分方法が無い時は空欄にその方法を記入する。
受領印 廃棄物の受領印や、運搬終了日付の記入をする。
照合・確認日 排出事業者は、B1・B2・D・E票が返送されてきた時、それぞれをA票と照合確認した上で、日付を記入し、確認者の検印又はサインをする。